学資保険を本音でランキング!元保険マンのおすすめ学資保険の選び方.com

当サイト「学資保険を本音でランキング!元保険マンのおすすめ学資保険の選び方.com」では、

・学資保険の加入を検討している
・学資保険の返戻率の高い商品は何?
・学資保険って本当に良いものなのか?
・子供の為に貯金をしっかりとしておきたい
・学資保険の選び方がわからない

と色々なお悩みを持っている方へ、元保険マンをやっていた管理人が学資保険のついて!を徹底的にお伝えしていこうと思っています。

学資保険と言うのは本当に理解をしていないと、選ぶのは難しい金融商品となります。当サイト管理人は元保険営業を行っていました。その経験から「学資保険」をご検討中の方へ、少しでもお役に立てるような学資保険の情報をお伝えしたいと思って当サイトを立ち上げました。

もちろん学資保険の良い事ばかりをお伝えするつもりはありません。ただ大切なお子さんの為、出産前や幼稚園、小学校、中学校など進学のタイミングで考えるのが学資保険の大きな特徴の保険商品ですので、
・保険会社別の学資保険のメリット・デメリット
・学資保険の返戻率やどうするのが一番お金が貯蓄できるのか?
など、私の実際の体験談を踏まえながらお伝えしていきたいと思っていますので、どうか最後までごゆっくりご覧ください。少しでも学資保険選びのお役にたてるように情報配信していきたいと思います^^

学資保険とは?

学資保険とは、郵便局(現かんぽ生命)が積極的に販売をしていた子供の為の貯蓄型保険の事です。学資保険は今でもお子さんがいらっしゃるご家庭でご検討されている方は非常に多いのが現状ですね。

学資保険と言うのは、お子さんの教育資金を準備する!という事を目的にしたものです。出産前、出産をした後、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と進学時などに祝い金を受け取る事が最大の魅力となっています。これがお子さんがみえるご家庭で人気がある理由ですね。

しかも契約者となった親御さんなどに万が一の事があった場合、以後の保険料の払い込みが免除になり、祝い金や満期保険金が受け取れるのも主流となっています。中には貯蓄性を高めるために、この払い込み免除を外した学資保険もありますので、細かい部分は当サイトの保険会社別学資保険のページをご覧ください。

学資保険と言えばゆうちょ(郵便局)なの?

学資保険と言えば、元々「ゆうちょ(郵便局)」が力をい入れて販売をしていた商品になります。その為、今でも学資保険はゆうちょ(かんぽ生命)で!と郵便局の窓口に行かれる方も非常に多くなっています。私も現役時代、学資保険の相談を頂いた時に必ずと言って良いほど「ゆうちょ(郵便局)」の話が出てきました。

しかし実際には、今では郵便局(ゆうちょ)よりも良い学資保険はたくさん出ています。学資保険と言えば「かんぽ生命」という時代は終わったと言っても良いのかもしれませんね。

たくさんの学資保険の相談を受けて感じた事とは?

私は長い間、保険営業としてたくさんの学資保険の相談を受けてきました。もちろん生命保険、がん保険、個人年金、収入保障保険、終身保険(死亡保険)、医療保険など、様々な保険のご契約を頂いてきたのですが、そこにはたくさんのお客様との出会いがあって、いろいろな環境を見てきました。

今ではインターネットを使えば学資保険に関する情報もたくさん出てきますよね。

しかし学資保険だけではありませんが、「保険」という金融商品はそんなに簡単ではありません。学資保険と一言で言ってもかんぽ生命をはじめ、様々な保険会社が販売をしています。特に貯蓄性の高い保険になりますので、学資保険の返戻率なども気になる事も多いでしょう。ですから調べれば調べるほど、どの学資保険が良いのか?本当に必要なのか?学資保険よりも良い商品があるのでは?などと悩んでしまう事も多々あります。

最後には、

「やっぱりゆうちょの学資保険で…」
「ネットの学資保険ランキングの一位の商品で…」
「よくわからないので知り合いの保険マンが勧める学資保険で良いか…」

という事が非常に多いのも事実です。でもこれって、どうなんでしょうか?保険会社の知名度やインターネットの情報、知人の保険マンを信用して…と、こんな理由で大事なお子さんの教育資金を貯める学資保険を決めても良いのでしょうか?

当サイト「学資保険を本音でランキング!元保険マンの”おすすめ学資保険の選び方.com”」では、学資保険というもの自体、それに関係してくる情報、制度、加入方法、学資保険以外にも教育資金として貯蓄できる方法は?教育資金はいったいどのくらい掛かるのか?など、元保険マンとして知っている限りの事をお伝えしたいと思っています。

実際に私が学資保険の相談を受けた時に、どのようなお話をしてきたのか?どんなご提案をしてきたのか?など、「学資保険に加入しようかな?」と少しでも思われた方の不安や不明な点を解消出来るように精一杯の学資保険に関する方法をお伝えしたいと感じていますので、気になる方法がございましたら左側のメニューから選んでご覧ください^^